里山地区:「りゅうきんか」が見頃です

 

みちのく公園、里山地区のりゅうきんかの谷では、「りゅうきんか」が見頃を迎えています。

CIMG4219

また、現在里山地区の園路を歩くと、すみれなどの野の花が多く見ることができます。

CIMG4230

皆様、ぜひ足をお運びください。

 

 

2016年4月15日

みちのく自然共生園:春の野草が花をつけています

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園で

宮沢賢治「おきなぐさ」の朗読会をオキナグサが咲き誇る花野で開催しました。

s-0417朗読会P使用可 (4)

みちのく自然共生園では4月16日(土)から21日(木)及び5月5日(祝)から15日(日)まで、行っております「野辺に咲く花野まつり」で、次回は5月8日に実施予定です。 詳細はこちら

オキナグサ以外の野草も次々と花をつけています。

 

サクラソウ

s-0414サクラソウ

 

イカリソウ

s-0410イカリソウ (2)

 

タチツボスミレ

s-0417ナガハシスミレ (2)

 

リュウキンカ

s-0417リュウキンカ

 

ニリンソウ

s-0417ニリンソウ

 

クリンソウのつぼみがだいぶ膨らんでいます。

s-0417クリンソウ

エイザンスミレ

エイザンスミレ 0406 (3)

春の野草をご覧に足をお運びください。

2016年4月17日

みちのく自然共生園:花情報✿

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園「サクラソウ園」では、

ボランティアさん手により保全作業を続けて約6年!

サクラソウの小路沿いに、やさしいピンク色の花が見頃を迎えました。

IMG_6595 (1)

「展望野草園」のオキナグサは、花と果実が同時に見られる時期となりました。

0421オキナグサ (6)

 

「コナラ林」では、クリンソウが咲き始めました。

クリンソウ0424(2)

イカリソウ:見頃です。

s-0410イカリソウ (2)

ニオイタチツボスミレ:見頃です。

0420ニオイタチツボスミレ (4)

「湿生花園」では、ミツガシワが咲き始めました。

0421ミツガシワ (1)

新緑に包まれながら、自然共生園の野草を満喫ください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

2016年4月21日

みちのく自然共生園:手づくりを行う仲間を募集しています

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では

有機農法で野菜やお米をつくる農のボランティア、

野草を守り、育てる自然再生のボランティア

イベント等でお客様に郷土料理のふるまいや各種体験を提供してくださるボランティア

様々な方の協力により公園の楽しさを皆様にお届けし、また、皆様のボランティア参加も募集しています。

その中で、草木染や公園で飼育していつ羊の毛を使った糸紡ぎ等を行っている「手づくり班」の方が仲間募集のチラシを作ってくださいました。

Epson_0210_1

一緒に楽しい活動をしてみませんか?

毎月第2、第4金曜日が主な活動日です!

2016年4月24日

みちのく自然共生園:花情報✿

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園は野外コンサートの開催や片付けのため、5月4日まで入園できません。サクラソウやオキナグサを観るガイドツアーは5月5日から再開します。詳しくはこちら

サクラソウは8分咲きとなり、一昨日、ボランティアさんが人工授粉を行いました。サクラソウはトラマルハナバチの女王が花粉を運ぶのですが、ここでは、まだ、トラマルハナバチの女王が少ないため、ボランティアさんが受粉をさせてタネが出来るようにしています。

IMG_1528

IMG_1618

人工授粉作業

 

IMG_1573

オキナグサも白銀のタネになり始めました。

 

IMG_1692

コナラ林ではたくさんの春の野草が咲き競っています。

 

IMG_1327

サクラスミレやルリソウも咲き始めました。

皆様のお越しをお待ちしております。

2016年4月27日

みちのく自然共生園:ARABAKI ROCK FEST.16開催中です

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では本日から2日間「ARABAKI ROCK FEST.16」が開催されています。そのため、5月4日まで一般の方は入園することができません。ARABAKI にご参加の方はライブと同時に園内もお楽しみください!

ARABAKI期間中もヤギ・ヒツジふれあい体験を行っております。移動でつかれましたらこちらで足をおやすめ下さい。

IMG_0089

 

移動の時も、ふと野草地などに目を向けると可憐な花を見ることができます。「ライブ間の移動」と思わず、「野草を見るお散歩」と考えると楽しいですね。

遠目に見えるオキナグサ 銀の房を風にたなびかせています。

IMG_0069

 

通路のすぐわきにはサクラソウ。

IMG_0098

サクラソウやオキナグサを観るガイドツアーは5月5日から再開します。詳しくはこちら

 

ミツガシワ

IMG_0091

 

サワオグルマ

IMG_0095

 

ARABAKI の通路からは見えませんがコンロンソウも開花を始めました。

IMG_0065

アラバキにご参加の方は是非園内もお楽しみください。

次々に野草が開花するみちのく自然共生園は5月5日よりコンサート閉園明けの開園になります。それまで、少々お待ちください。

2016年4月29日

里山地区:ツリーハウス

里山地区には、写真にあるツリーハウスがあります。

ツリーハウス

毎日は解放していないのですが、このG・W期間中は、

4月30日(土)10:00~14:30

5月5日(木)10:00~14:30

5月7日(土)10:00~14:30

に、このツリーハウスにのぼることができます。

このほかにもブランコやジップラインで遊ぶこともできます。

園路には、ミツバツチグリ目立つようになりました。

CIMG4526 ミツバツチグリ

ニリンソウも咲いています。

CIMG4520 ニリンソウ

ぜひ里山に足をお運びください。

お待ちしています。

 

 

2016年4月29日

宮沢賢治が愛したオキナグサが咲き始めています

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では
約2000株のオキナグサが、蔵王を背景に次々に咲き始めています。
春の風とともに、羊のような雲がゆったりと草原を流れていきます。
ブログ0394
宮沢賢治の童話「おきなぐさ」では、「うずのしゅげ(お爺さんのひげ)」と呼ばれるオキナグサ。夕方になると枯草に紛れていたオキナグサがうずのしゅげのように、白銀に輝き始めます。
ブログ0561
ブログ0592
ブログ0618
西日に輝き始めるのは夕方4時頃。間近で見れるように、期間限定の観察路「オキナグサの小径」を設けました。

みちのく自然共生園では4月16日(土)から21日(木)及び5月5日(祝)から15日(日)まで、保全に取り組んでいるオキナグサやサクラソウをテーマに「野辺に咲く花野まつり」を開催いたします。 詳細はこちら

4月17日には、宮沢賢治「おきなぐさ」の朗読会を、オキナグサの花野の中で行います。

皆様、ぜひ足をお運びください。

2016年4月6日

みちのく自然共生園:サクラソウが咲き始めました

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では

各地の桜開花のお知らせとともに、サクラソウの濃いピンクの花が咲き始めました。

s-0413サクラソウ (2)

例年4月下旬に咲きだしておりましたので、

オキナグサ同様かなり早めの開花となりました。

オキナグサは満開になっています。

s-0413オキナグサ (5)

s-0413オキナグサ (3)

みちのく自然共生園では4月16日(土)から21日(木)及び5月5日(祝)から15日(日)まで、保全に取り組んでいるオキナグサやサクラソウをテーマに「野辺に咲く花野まつり」を開催いたします。 詳細はこちら

s-IMG_3891

サクラソウの折り紙の会場も、ボランティアさんが準備しました。

4月17日には、宮沢賢治「おきなぐさ」の朗読会を、オキナグサの花野の中で行います。

皆様、ぜひ足をお運びください。

2016年4月14日