みちのく自然共生園:花情報✿

湿性花園では「カキツバタ」が満開です。

IMG_3484

IMG_3478

点々と黄色の「サワオグルマ」がアクセントとなって引き立てます。

IMG_3497

こぼれたタネで、少しずつ自然に殖えてきています。

 

近くのサクラソウ園では、「ヤブデマリ」や「ニッコウキスゲ」が咲いています。

IMG_3474

「ヤブデマリ」

 

IMG_3462

「ニッコウキスゲ」

 

展望野草園では、青草の中の「オキナグサ」の銀毛の実が見事です。

IMG_3203

IMG_3402

午後になると白銀に輝き始めます。

IMG_3446

タネがそよ風に乗って旅立つ瞬間です。

 

IMG_3467

「ホタルカズラ」や「ヒバリ」がオキナグサの旅立ちを見守っています。

 

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月24日

みちのく自然共生園:花情報✿

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園はARABAKI ROCK FEST.16の片付けが終了し、5月5日からお楽しみいただく事が出来ます。

中断しておりました「野辺に咲く花野まつり」も再開し、サクラソウやオキナグサを観るガイドツアーを開催します。詳しくはこちら

今の花の様子をお伝えします。

展望野草園のオキナグサ

0503オキナグサ (2)

 

展望野草園のホタルカズラ

0502ホタルカズラ (2)

 

サクラソウ園のサクラソウ

0503サクラソウ (3)

 

サクラソウ園のキンポウゲ

0502キンポウゲ

 

湿生花園のサワオグルマ

0503サワオグルマ (1)

 

コナラ林のイカリソウ

0502イカリソウ

 
コナラ林のクリンソウ

0429クリンソウ

 

コナラ林のラショウモンカズラ

0429ラショウモンカズラ (1)

 

コナラ林のコンロンソウ

0502コンロンソウ (3)

 

コナラ林のルリソウ

0429ルリソウ (1)

 

コナラ林のアカネスミレ

0502アカネスミレ (1)

 

コナラ林のサクラスミレ

0502サクラスミレ (2)

その他にもさまざまな野草が花を咲かせる季節です。

野草の花を楽しみに、みちのく自然共生園へ足をお運びください。

2016年5月3日

里山地区:見頃の花は・・・

昨日は強風の中、里山地区に多くの方が来てくださいました。

ありがとうございました。

ツリーハウスに登ったり、ブランコで遊んだり、中には井戸掘りの作業をしてくれたお子さんもいました。

CIMG4796

明日もツリーハウス体験や遊具で遊ぶことができ、木工クラフト体験も可能です。

花情報ですが、現在はチゴユリが見頃となっています。

「はずかしがりや」という花言葉の通り、下向きに咲く小さい花ですが、群生していて非常にきれいです。

CIMG4817 チゴユリ

また、ヤマツツジやイカリソウもまだ咲いています。

CIMG4806 ヤマザクラ

CIMG4808 イカリソウ

皆様のご来園をお待ちしています。

 

 

2016年5月6日

みちのく自然共生園:「野辺に咲く花野まつり」開催中です

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では

5月5日より、ガイドツアーを再開しました。

IMG_1954

春の訪れが早かった今年は、サクラソウの花も今週までが見頃のようです。

 

IMG_1814

サクラソウの花のタイプの違いを観察しました。

サクラソウは、雌しべが長いタイプと短いタイプの個体があり、異なるタイプの花との間で花粉のやり取りをしないと、タネが出来ないのです。

 

IMG_1805

展望野草園では、瑠璃色に輝く星のようなホタルカズラが咲き始めました。

 

IMG_1945

オキナグサは白銀のタネに変わりつつあります。

 

IMG_1850

コナラ林ではたくさんの春の花が咲き競っています。

 

IMG_1924

ルリソウが路傍を青く染めています。

 

IMG_1915

自然に殖えた貴重なサクラスミレも今週が見頃です。

 

IMG_1904

クリンソウが品よく水辺を彩ります。

 

IMG_1841

崑崙山脈の残雪に例えたというコンロンソウ。

 

IMG_1858

情報館では、宮沢賢治の童話「オキナグサ」の朗読スライドショーを放映しています。

 

ガイドツアーは、5月7日、14日、15日の10:30~12:00、13:30~15:00に実施します。

また、5月8日11:00から、宮沢賢治「おきなぐさ」の朗読会を開催します。オキナグサの銀毛が風にそよぐ草原での朗読をお愉しみください。

5月8日13:30からは、「サクラソウの花守講座」と称し、サクラソウの不思議な特性や自然共生園に自生するサクラソウの保全活動を紹介する講座を開催します。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

2016年5月7日

里山地区:見頃の花は・・・

昨日も風の強い中でしたが、多くの方にご来園いただきました。

ありがとうございました。

CIMG4891

里山地区の入り口にある小野分校からは、新緑の美しい景色が眺められます。

CIMG4892 フジの花

フジの花が咲き始めました。

CIMG4896

園路脇にはノアザミも。

5月14日は、里山地区にて「里山の春イベント」と「森の観察会」が行われます。

「里山の春イベント」は、里山地区の開園2周年記念のイベントになります。

事前予約は既に終了していますが、当日の参加申し込みを先着10名のみですが受付をいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

2016年5月9日

みちのく自然共生園:「野辺に咲く花野まつり」開催中です

5月8日はオキナグサ銀毛の実が風にそよぐ草原で、

宮沢賢治の童話「おきなぐさ」の朗読会を行いました。

芽吹き始めた草原に透き通った風が押し寄せ、

綿毛になり始めたタネを震わせる様子は、まるで童話「おきなぐさ」の世界そのものでした.

朗読会

オキナグサ

オキナグサはこれから、銀毛のタネを次から次へと飛ばし始めます。

ホタルカズラ

子供の青い瞳のようなホタルカズラも、草原のノシバに紛れて輝いています。

ヤマナラシ

春の風に錫色の葉をひるがえすヤマナラシの葉音が心地よく草原に響きます。

「野辺に咲く花野まつり」5月15日までで、5月14日、15日の10:30~12:00、13:30~15:00にガイドツアーを実施します。オキナグサの銀毛の実がみごとです。春が早い今年は、湿性花園のカキツバタも開花し始めました。

また、5月22日の花野再生塾では、6月5日に予定していたオキナグサのタネを蒔いて殖やしていく作業を、前倒しして行います。どうぞ、長靴持参でご参加ください。詳しくはこちら

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

2016年5月10日

みちのく自然共生園:花情報✿

柔らかなそよ風吹く、湿生花園では「カキツバタ」が見頃をむかえました。

鮮やかな紫色の花が湿地を彩っています。

カキツバタ0510

 

やさしい薄紫色の「ヒメシャガ」:見頃です。

0512ヒメシャガ (2)

 

「サワオグルマ」:見頃です。

0512サワオグルマ (1)

 

コナラ林では、「ニッコウキスゲ」:咲き始めです。

IMGP3070

 

「マルバダケブキ」:咲き始めです。

0512マルバダケブキ (1)

 

「ウラシマソウ」

0509ユラシマソウ (4)

 

「マムシグサ」

0512マムシグサ (3)

湿生花園やコナラ林の新緑に包まれながらさまざまな野草がご覧になれます。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2016年5月14日

里山地区:里山の春イベント

5月14日に行われました「里山の春イベント」は、
好天にも恵まれ、参加されたお客様にとって有意義な時間となったようでした。

CIMG5037

この日は、様々な体験をすることができました。

薪割り

CIMG5024

竹でっぽうの作成

CIMG5050

作成中のログハウスのペンキ塗り

CIMG5023

ミニ竹すだれの作成

CIMG5027

この他にも、記念のコースターを作成したりツリーハウスに登って遊んだりしながら

楽しい時間を過ごしていました。

月に1回行われる「森の楽校」でも、このような体験をすることできます。

次回の「森の楽校」は5月28日(土)です。

皆様の参加をお待ちしています。

2016年5月17日

里山地区:見頃の花は・・・

 

 

里山では、カッコウの鳴き声が聞こえるようになりました。

以下の花は、すべて見ごろとなっています。

「ヤブデマリ」

CIMG5259

「クリンソウ」

CIMG5236

「マルバダケブキ」

CIMG5298 マルバダケブキ

「ノアザミ」

CIMG5258

「コゴメウツギ」

CIMG5356 コゴメウツギ

「シオカラトンボ」も元気に飛び回っています。

CIMG5141

まだ、ほかにも多くの花が咲いています。

新緑の中、里山の草花や虫を愛でながら歩いてみてはいかがでしょうか。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

2016年5月23日