みちのく自然共生園 花情報✿

カワラナデシコやキキョウの花野となった展望野草園の草原の中で、人知れず咲いている数少ない野草3種類を紹介します。探してみてください。

IMG_5918

フクシマシャジン
ツリガネニンジンによく似ていますが、ガク片が太く、花期が早いことが特徴です。中部地方以北に分布し、みちのくらしい野草です。風に揺られるとベルの音が聞こえそうです。

IMG_5956

キキョウやナデシコと仲良しです。

 

IMG_5949

イブキボウフウ
伊吹山のような山地の草原に生えますが、涼しい東北地方では標高の低い里地にも生育しています。芽生えから3~5年かかって大きく育つと花をつけ、秋に種子を散らすとその株は枯れてしまいます。つまり、一生に一回しか咲かないのです。しばしば、セリ科を食草とするキアゲハの幼虫が、葉も蕾も丸裸にして、タネをつけずに一生を終えてしまうことも。。。

 

IMG_5773

クルマバナ
全国の草原に分布するシソ科の野草です。花が車輪のように茎の回りに咲くのでこの名前があります。この花野の手入れをしているボランティアさんの中にも、この小さな花のファンが多いようです。

 

IMG_6029

カワラナデシコも最盛期で、草原が甘い香りに包まれています。

 

IMG_6005

オミナエシも咲き始めました。

IMG_6012

土日祝は期間限定で南地区から北地区への園内バスを運行しております。詳しくはこちらまた、8月15日から8月21日までは野外コンサートのため、北地区の利用ができません。お早めに、自然共生園の夏の花野をお楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

2016年7月30日