みちのく自然共生園 わくわく自然塾・花野再生塾のお知らせ

先月のわくわく自然塾・花野再生塾では、放牧地の草泊まりづくりとして、屋根や壁を葺くための茅を刈りました。12月18日の会員活動では、その茅を使って草泊まりをつくります。
草泊まりとは、かつて家族全員で遠くの茅場に草刈に行った時に、数日間寝泊りをするための、その場の茅でつくった草刈小屋のことです。12月11日のボランティア活動では、その草泊まりの骨組みをつくりました。

img_0583

先月の茅刈りの様子

 

img_1155

11日のボランティア活動で、竹の骨組みをつくりました。今回は直径4mの大きさです。

 

img_1166

そうこうしているうちに雪が降り始めてきました。

img_1163

雪にも負けず、材料を建てる場所に運びます。

img_1177

吹雪の中、建てる位置を決めました。

img_1211

柱を固定する杭を打ちます。

img_1220

柱と梁を建てていきます。

img_1225

杭に柱を紐で結んで固定します。

img_1195

ススキの野原もすっかり雪景色!

img_1207

カヤネズミの巣も崩れかかっています。この時期は地面の枯草に潜って暮らしているそうです。

img_1241

湿性花園も墨絵のよう。

img_1286

コブシの蕾にも綿帽子

img_1257

12本の柱を建てていきます。

img_1260

頂点を紐でしっかり固定していきます。

img_1262

輪っかで屋根を補強します。

img_1267

今回はここまで。続きは、12月18日のわくわく自然塾と花野再生塾の合同の会員活動で組み立てていきます。花野再生塾は定員に空きがありますので、ぜひ、ご参加ください(参加費200円)。

img_1283

雪景色の自然共生園も静寂な美しさが愉しめます。18日の活動でお会いしましょう!!!

 

2016年12月12日