12月16日(金) お花情報

みちのく公園では、寒さにも負けず元気な植物たちがお客様をお出迎えしています。

写真は12月16日(金)、午前中に撮影しました。

・「ふるさと村」では、歴史ある東北6県の古民家とともに庭先にある植物たちをご覧になれます。

南会津の家では、シモバシラという植物に氷の柱を確認できました。気温によりますが、日が昇ると溶けてしまいます。本日は午前中いっぱいご覧になることができます。

rimg7518ii

rimg7521ii

本物の霜柱もご覧になれます。

rimg7519ii

釜房の家の前では、伝統的造園技法の雪吊りが施された樹齢600年の湯田河の松をご覧になれます。

rimg7509ii

遠野の家では煤(スス)払いが行われています。脇ではひっそりとマンサクの蕾(つぼみ)が春を待っています。

rimg7525ii

月山山麓の家では、ミツマタの蕾(つぼみ)が膨らんでいます。

rimg7511ii

おまつりひろばでは、サザンカの赤い花をご覧になれます。

rimg7529ii

・園路沿いでは、カンツバキのお花をご覧になれます。

rimg7537ii

・「彩のひろば」では、パンジー・ビオラの植替が終わり、球根の植付を行っています。

rimg7500ii

皆様のご来園を心よりお待ち申し上げております。

2016年12月16日