里山地区:餅つき・ミニ門松作り

12月17日(土)、前日からの雪が残る中で会員活動「森の楽校」がありました。

今回の「森の楽校」の活動内容は、「餅つき」と「ミニ門松作り」。

餅をつくのは難しいのですね。ボランティアさんが一生懸命やってくました。

dscn0241

参加してくれた子どもたちが熱中したのは「きなこ作り」でしたね。

石臼で、豆を挽く作業は時間も体力も要しましたが、達成感があったのではないでしょうか。

dscn0197

ちゃんとふるいにかけて完成です。

dscn0218

つきたてのおもちは、ずんだ・あんこ・きなこ・お雑煮で食べました。

dscn0230

美味しいね!

dscn0244

ミニ門松も竹をのこぎりで切るところから始めました。

dscn0205

太い竹筒の中に松や南天の枝をきれいに入れれば完成です。

dscn0232

dscn0238

それぞれ工夫しながらきれいに仕上げました。

dscn0249

次回の森の楽校は1月28日(土)です。

「みそ作り」がメインの活動です。「森の楽校」は年間の会員活動ですが、一回のみの参加もできます。皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

2016年12月26日

里山地区:今年も1年間ありがとうございました

冬になり、里山地区の小野分校から釜房湖が見えるようになりました。

dscn0059

山の木々の葉も落ち、

dscn0290

野鳥の姿も見えるようになりました。

dscn0070

雪が積もるのはもう少し先のようですが、冬が本格的に始まりました。

さて、今年6月に、里山地区3年目を迎えました。

今年も多くの方にご来園いただき、本当にありがとうございました。

来年も、より多くの方に里山地区で楽しんで過ごしていただけるようにしていきたいと考えております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

〈イベントご案内〉

1月7日(土)

「はっと汁ふるまい」(先着30名)

「独楽(こま)を作ろう」(先着20名・参加費100円)

1月9日(月)

「子どもと楽しむ小さな自然かんさつ」(先着15名・無料)

 

 

 

2016年12月26日