自然共生園でこんにゃくを作りました

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では
ボランティアさんが農園で育てたこんにゃく芋を使い
こんにゃくづくりを行いました。

 

講師担当はボランティアの楢葉さんです

まず、泥で汚れたところ、黒く変色したところを取ります。

s-IMG_2831

 

芋1キロに対しお湯3リットルで作っていきます。

芋とお湯を入れてミキサーにかけます。

s-IMG_2851

 

ミキサーにかけた物と残りのお湯をよく混ぜたら凝固剤を入れ、再度よく混ぜます。

s-IMG_2858

 

透明度が出て、鍋からはがれやすい状態になるまで焦がさないようにかき混ぜながら火にかけます。

s-IMG_2866

 

トレイに入れ、3時間ほど固まるのを待ちます。

s-IMG_2870

 

あとは、適度な大きさに切って煮てできあがりです。

お客様には先週作ったこんにゃくをお持ち帰りいただきました。

s-IMG_2868

 

3時間待たずに手で丸めて煮て作る方法もあります。

s-IMG_2874

 

ボランティアさんも作り方を学びながら自分たちが育てた作物を加工しています。

共生園では随時ボランティアさんを募集いたしております。

ご興味が少しでもある方は是非みちのく公園 自然共生園担当までお問い合わせください。

2017年1月14日

みちのく自然共生園:荒巻マイスクール児童館さんが仙台白菜を収穫しました。

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では本日

仙台市の荒巻マイスクール児童館さんが来園され、仙台白菜を収穫しました。

自然共生園ボランティアさんに教えてもらい収穫します。

s-IMG_2888

 

自然共生園で育てた白菜は荒巻マイスクール児童館、立町マイスクール児童館さんなどが白菜の苗を育て、その苗を浦戸諸島の野々島に植えて育て、種を取り、その種を譲り受けて育てたものです。

収穫した白菜と記念写真

s-IMG_2899

 

お昼はボタンティアさんが作った白菜の漬物、お味噌汁を食べていただきました。

s-IMG_2903

 

午後はボランティアさんが行う白菜の漬物作りを手伝っていただきました。白菜の根元の方に塩を塗り込みます。

s-IMG_2925

 

樽に漬けこみます。

s-IMG_2926

自分たちが小さな小さな種から育て、採種し、またそれを育てて食べるサイクル。児童館の皆さんはその喜びや不思議さを感じていただけたかもしれません。

仙台白菜を育て、利用する活動は今後も続けていきたいと思っています。

2月11・12日の「自然共生園冬まつり」では雪中白菜収穫体験の開催も予定しております。自然共生園のホームページもチェックしてみてください。

2017年1月21日