里山地区のコンセプト

里山地区の位置

里山地区は、2つの開園地区である南地区と北地区の間に位置しており、釜房湖に突き出した半島部分にある雑木林で構成されたさとやまです。
南地区と北地区をつなぎ、里山の自然環境と水源涵養の保全・修復・育成を行うとともに、里山育成体験など環境学習に活用する場となり、あわせて地域参加の場となるゾーンとして位置づけています。

整備方針

里山地区は、大規模な造成を行わず、みちのく公園の豊かな自然環境を保全・活用する公園づくりに取り組んでいきます。また、ユニバーサルデザインへの配慮にも努めていきます。
特に、北地区「みちのく自然共生園」からの水辺~平地~丘陵地と連続する空間を、一体として豊かな自然環境と美しい景観の保全・再生を図る場と捉えています。
それぞれの土地・資源特性に応じて保全活動を図るとともに、東北地方における「さと-のら-のべ-やま」 空間の土地・資源特性に対応した特色ある空間形成を図ることとし、それぞれの空間における自然文化(人の暮らしと自然の関わり)を体験しつつ、レクリエーション・学習の場として活用していきます。

ゾーニング

里山地区は、「活用ゾーン」・「育成ゾーン」・「保全ゾーン」の3つのゾーンに分かれています。  このうち、試行活動を行っているのは里山の玄関口にあたる「活用ゾーン」です。
  • 活用ゾーン …多様な環境と利便性の高さを生かし、里山の体験学習ができる場としています。
  • 育成ゾーン …「活用ゾーン」と区分して、環境育成を図りながら、中間的な展開を図っています。
  • 保全ゾーン …動植物のためのサンクチュアリーとして一般利用者の立ち入りを禁止し、自然植生の遷移を進めていきます。

コンセプト

かつての里山

  • 暮らしの森 …薪採りなどによって、日々の暮らしに役に立っていた森。
  • 生業の森 …炭焼きなど、仕事の場として使っていた森。
  • 地域の森 …村のみんなで管理していた森。

いまの里山

  • 暮らしの森、生業の森としての役割がなくなった。
  • 村のみんなで管理することも少なくなった。
  • いろいろな生き物が生息できる環境が少なくなってしまった。
  • 管理が行き届かず、里山のきれいな景色が荒れてしまった。

里山地区は、そのほとんどが森林であり、豊かで特徴的な自然環境が多く残されていることから、これらの保全、活用と適切な利用に留意しつつ、以下の公園テーマ及び目指すべき3つの方向性をもとに整備を行っていきます。

公園整備のテーマ

計画地の自然を活かして、これまで地域が培ってきた里山の叡智をもとに、「生命と暮らしを支える里山の継承」を目指す。

目指すべき方向性

  1. 人と自然の関わりや生物多様性について学び、体験できる里山づくり
  2. 地域活性化に向け、地域ブランドを発信する観光・交流拠点づくり
  3. 計画・整備・運営にわたっての市民協働による公園づくり

活用ゾーンのテーマ

利活用のプログラムの3つのテーマ

里山の自然を知り、体感する
里山の多様な生物相と生息環境を知るとともに、里山の自然を体感する。
昔からの里山の知恵や技術を学ぶ
かつて生活に利用していた里山の利用・管理の知恵や技術を学ぶ。
里山を今の暮らしに活かす
今の暮らし、これからの暮らしに活かし、里山とのかかわりを深める。