みちのく公園北地区 みちのく自然共生園花情報✿&イベント情報

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園は
本日ARABAKI ROCK FEST.17の2日目を開催中です。
その片付けで5月4日まで閉園となっておりますが、
5月5日から見ることができる花を紹介します。
画像はここ2,3日現在のものです
サクラソウ園のサクラソウ

5月14日(日)までサクラソウをオキナグサを紹介するイベント

「野辺に咲く花野まつり」も開催しています。詳細は→こちら(PDFが開きます)

豆おこわのふるまい等がある

「自然共生園 春まつり」は5月6・7日開催です!

詳細は→こちら(PDFが開きます)

 

 

引き続き花の紹介です。サクラソウ園のキジムシロ

 

展望野草園のオキナグサは銀毛が出てきました。

このあと白い綿毛になり、とてもかわいらしい姿を見ることができます。

湿生花園ではサワオグルマが開花しました。

 

コナラ林ではルリソウが開花です。

他にもクリンソウ

 

ニリンソウ

 

イカリソウ

 

ニオイタチツボスミレ

 

リュウキンカ

 

農園では蔵王を借景にナタネの花が見事です。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

2017年4月30日

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園花情報✿

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では
サクラソウ園でサクラソウが開花しました!

ARABAKI ROCK FEST.17 開催のため、5月4日(木)まで閉園となっておりますが、

5月5日には満開になっていると思います。

その他にも、サクラソウ園近くにミズバショウ

 

展望野草園ではオキナグサ

夕方のオキナグサは幻想的です。

 

コナラ林ではイカリソウが開花しました。

 

同じくコナラ林のエイザンスミレ

 

ニリンソウ

 

リュウキンカ

 

クリンソウ

 

園内各所でタチツボスミレが咲いています。

アラバキ参戦の方は道端でサクラソウ、遠目でオキナグサの姿を見ることができます。

ステージの合間にでも足を止めてご覧ください。

 

2017年4月23日

里山地区:イベント情報(4月22日)

先日の強風はすごかったですね。
里山の園路にもまだ落ち枝が残っていますが、ウグイスの澄んだ声が聞こえ、花も元気に咲いています。

さて、明日の22日(土)里山地区では「竹の食器作り」を行います。合わせてフキごはんのふるまいも行う予定です。自分の作った食器でごはんを食べてみませんか。若干名ですが、当日受付を行っています。午前中に行いますので、参加ご希望の方は早めにご来園ください。(参加費1人200円)

「森の観察会」も10時より行います。里山に咲く花々を愛でながら一緒に歩きませんか?
現在「リュウキンカ」が見頃です。こちらは定員20名ほどで参加費300円、当日受付となっております。

皆様のご来園お待ちしております。

2017年4月21日

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園花情報✿

本日は強い風が吹きました。
花を付けた草花もその風に揺れ、
頑張って咲いているようにも見えました。
ここ1週間で観ることができる花は
コナラ林のカタクリ

ニリンソウ

ショウジョウバカマ

クリンソウ

エイザンスミレ

リュウキンカ

展望野草園のオキナグサ

クサボケ

園内各所にコブシ

タチツボスミレ

さまざまな花を探しに
自然共生園へ足をお運びください。

2017年4月16日

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園花情報✿

少しずつ暖かく春らしい日々が多くなってきましたね。

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では、花々が咲き誇り見頃を迎えはじめました。

コナラ林「カタクリ」・・・見頃です。

コナラ林「ショウジョウバカマ」・・・見頃です。

コナラ林「リュウキンカ」・・・咲き始めです。

コナラ林「ニリンソウ」・・・咲き始めです。

 

展望野草園「オキナグサ」・・・咲き始めです。

 

昨年の今頃は満開だった啓翁桜は、まだ蕾です。

開花までもうしばらくお待ちください。

啓翁桜が咲き、オキナグサが満開を迎える頃の自然共生園は、他の野草達も咲き誇り、訪れた人々を魅了してくれることでしょう!!

皆様のお越しをお待ちしております。

 

2017年4月8日

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園 オキナグサ・カタクリ・リュウキンカが咲いています

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では

春の花々が開花しています。

昨日のブログに引き続きオキナグサ

 

カタクリも花開いています 園内 コナラ林で咲いています

 

リュウキンカもコナラ林で見ることができます。

 

春を感じに、自然共生園へ足をお運びください。

2017年4月5日

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園 オキナグサが咲き始めました

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では
展望野草園にオキナグサが咲き始めました。

ふわふわの銀毛に包まれた芽がそこここに出ています。

花いっぱいになるのが楽しみです。

 

カタクリはつぼみが出ています。花が咲くまでもうすぐでしょう。

 

サクラソウは地面にちょっと、葉が出てきています。

開花をお楽しみに!

春の訪れを感じる自然共生園にぜひ足をお運びください。

2017年4月4日

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園花情報

みちのく公園北地区 みちく自然共生園では

やっと、フクジュソウが開花しました。

昨年に比べると、他の野草達も開花が約2週間程遅れているようです。

カタクリは芽が出てきたばかりです。

オキナグサも銀毛がキラキラと目立ち始めました。

開花まで今しばらくお待ちください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

2017年3月26日

里山地区:年間会員活動「森の楽校」 会員募集!

里山地区は、1月下旬から2月まで土日祝日のみの開園となりましたが、3月より平日も毎日開園しています。
最近はあたたかい日も増え、春の息吹を感じられるようになりました。
春の里山地区の大きな見どころの一つは「リュウキンカ」です。
一部で咲き始めただけで、まだまだ見頃は先ですが、春の訪れを感じるには十分ではないでしょうか。

さて、来年度も年間会員活動「森の楽校」の会員さんを現在募集中です。
何度かこのブログでも「森の楽校」の活動の様子をお伝えしたと思いますが、里山作業やアウトドアクッキングを月に1回、年間で12回行います。詳しくは、チラシもしくはHPの里山地区のページにも活動の様子を見ることができます。
皆様のご参加、お申し込みをお待ちしております。

森の楽校会員募集チラシ_

2017年3月24日

みちのく自然共生園:フクジュソウがもうすぐ開花!

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園ではもうすぐフクジュソウが開花しそうでした。

春ですねぇ。

 

春になると、野菜の植え付け準備で畑を耕耘します。

土曜日に自然共生園ボランティアが作業しました。

年間を通して野菜やお米を育てる農作業体験プログラム「ふるさと農園塾」や、野草を観察したり、守る作業を行う「みちのくの花野再生塾」の会員を募集しています。

ふるさと農園塾にはぜひご家族でご参加ください→案内はこちら(PDFが開きます)

ヤギもお待ちしております!

2017年3月20日

みちのく自然共生園:自然共生園冬まつりを行いました。

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では本日2月11日
「自然共生園冬まつり」を行いました。
明日2月12日も開催いたします!

餅焼き体験。七輪で餅を焼きます。
七輪を使用なさるご家庭はなかなか無いのではないでしょうか。
炭火で焼いたお餅はとてもおいしそうです。
s-IMG_2965

餅つきには多くのギャラリーがお集まりいただきました。
人数の関係上、お子様だけの餅つき体験になりました。
自分でついたお餅は、よりおいしく感じるかもしれません。
s-IMG_2973

ついたお餅を入れてのお雑煮のふるまい
あたたかくておいしい!
s-IMG_2998
12日はお汁粉をふるまう予定です。

ボランティアさんが特別にわらじ編みや鍋敷きづくりのデモンストレーションを行って下さいました。
s-IMG_3004

明日も様々な、ふるまい等の催しでお客様をお迎えいたします→こちらがチラシです(pdfが開きます)
是非、自然共生園に足をお運びください。
お待ち申し上げております。

2017年2月11日

みちのく自然共生園:荒巻マイスクール児童館さんが仙台白菜を収穫しました。

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では本日

仙台市の荒巻マイスクール児童館さんが来園され、仙台白菜を収穫しました。

自然共生園ボランティアさんに教えてもらい収穫します。

s-IMG_2888

 

自然共生園で育てた白菜は荒巻マイスクール児童館、立町マイスクール児童館さんなどが白菜の苗を育て、その苗を浦戸諸島の野々島に植えて育て、種を取り、その種を譲り受けて育てたものです。

収穫した白菜と記念写真

s-IMG_2899

 

お昼はボタンティアさんが作った白菜の漬物、お味噌汁を食べていただきました。

s-IMG_2903

 

午後はボランティアさんが行う白菜の漬物作りを手伝っていただきました。白菜の根元の方に塩を塗り込みます。

s-IMG_2925

 

樽に漬けこみます。

s-IMG_2926

自分たちが小さな小さな種から育て、採種し、またそれを育てて食べるサイクル。児童館の皆さんはその喜びや不思議さを感じていただけたかもしれません。

仙台白菜を育て、利用する活動は今後も続けていきたいと思っています。

2月11・12日の「自然共生園冬まつり」では雪中白菜収穫体験の開催も予定しております。自然共生園のホームページもチェックしてみてください。

2017年1月21日

自然共生園でこんにゃくを作りました

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では
ボランティアさんが農園で育てたこんにゃく芋を使い
こんにゃくづくりを行いました。

 

講師担当はボランティアの楢葉さんです

まず、泥で汚れたところ、黒く変色したところを取ります。

s-IMG_2831

 

芋1キロに対しお湯3リットルで作っていきます。

芋とお湯を入れてミキサーにかけます。

s-IMG_2851

 

ミキサーにかけた物と残りのお湯をよく混ぜたら凝固剤を入れ、再度よく混ぜます。

s-IMG_2858

 

透明度が出て、鍋からはがれやすい状態になるまで焦がさないようにかき混ぜながら火にかけます。

s-IMG_2866

 

トレイに入れ、3時間ほど固まるのを待ちます。

s-IMG_2870

 

あとは、適度な大きさに切って煮てできあがりです。

お客様には先週作ったこんにゃくをお持ち帰りいただきました。

s-IMG_2868

 

3時間待たずに手で丸めて煮て作る方法もあります。

s-IMG_2874

 

ボランティアさんも作り方を学びながら自分たちが育てた作物を加工しています。

共生園では随時ボランティアさんを募集いたしております。

ご興味が少しでもある方は是非みちのく公園 自然共生園担当までお問い合わせください。

2017年1月14日

里山地区:今年も1年間ありがとうございました

冬になり、里山地区の小野分校から釜房湖が見えるようになりました。

dscn0059

山の木々の葉も落ち、

dscn0290

野鳥の姿も見えるようになりました。

dscn0070

雪が積もるのはもう少し先のようですが、冬が本格的に始まりました。

さて、今年6月に、里山地区3年目を迎えました。

今年も多くの方にご来園いただき、本当にありがとうございました。

来年も、より多くの方に里山地区で楽しんで過ごしていただけるようにしていきたいと考えております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

〈イベントご案内〉

1月7日(土)

「はっと汁ふるまい」(先着30名)

「独楽(こま)を作ろう」(先着20名・参加費100円)

1月9日(月)

「子どもと楽しむ小さな自然かんさつ」(先着15名・無料)

 

 

 

2016年12月26日

里山地区:餅つき・ミニ門松作り

12月17日(土)、前日からの雪が残る中で会員活動「森の楽校」がありました。

今回の「森の楽校」の活動内容は、「餅つき」と「ミニ門松作り」。

餅をつくのは難しいのですね。ボランティアさんが一生懸命やってくました。

dscn0241

参加してくれた子どもたちが熱中したのは「きなこ作り」でしたね。

石臼で、豆を挽く作業は時間も体力も要しましたが、達成感があったのではないでしょうか。

dscn0197

ちゃんとふるいにかけて完成です。

dscn0218

つきたてのおもちは、ずんだ・あんこ・きなこ・お雑煮で食べました。

dscn0230

美味しいね!

dscn0244

ミニ門松も竹をのこぎりで切るところから始めました。

dscn0205

太い竹筒の中に松や南天の枝をきれいに入れれば完成です。

dscn0232

dscn0238

それぞれ工夫しながらきれいに仕上げました。

dscn0249

次回の森の楽校は1月28日(土)です。

「みそ作り」がメインの活動です。「森の楽校」は年間の会員活動ですが、一回のみの参加もできます。皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

2016年12月26日

みちのく自然共生園でたくあんをつくりました

みちのく公園北地区
みちのく自然共生園では
お客様と一緒にたくあんをつくりました。

 

干したダイコンをとり入れて

img_2735

 

葉を落とします

img_2745

 

ぬか、塩、ザラメ、昆布など材料を混ぜ合わせ

img_2751

 

材料と干したダイコンを層にして並べます。隙間にはダイコンの葉を入れぎゅうぎゅうにします。

img_2755

 

最後、ぬか等を上に敷き詰め

img_2760

 

ダイコンの重量の約2倍の重しを乗せて寝かせます。

img_2764

 

つくり終りは温かいお茶とボランティアさんが漬けた漬物を味わいひと休み。

img_2767

 

漬けたタクアンは自然共生園冬まつり(平成29年2月11・12日)

にお客様に味わっていただく予定です。

是非共生園に足をお運びください。

2016年12月24日

みちのく自然共生園 わくわく自然塾・花野再生塾のお知らせ

先月のわくわく自然塾・花野再生塾では、放牧地の草泊まりづくりとして、屋根や壁を葺くための茅を刈りました。12月18日の会員活動では、その茅を使って草泊まりをつくります。
草泊まりとは、かつて家族全員で遠くの茅場に草刈に行った時に、数日間寝泊りをするための、その場の茅でつくった草刈小屋のことです。12月11日のボランティア活動では、その草泊まりの骨組みをつくりました。

img_0583

先月の茅刈りの様子

 

img_1155

11日のボランティア活動で、竹の骨組みをつくりました。今回は直径4mの大きさです。

 

img_1166

そうこうしているうちに雪が降り始めてきました。

img_1163

雪にも負けず、材料を建てる場所に運びます。

img_1177

吹雪の中、建てる位置を決めました。

img_1211

柱を固定する杭を打ちます。

img_1220

柱と梁を建てていきます。

img_1225

杭に柱を紐で結んで固定します。

img_1195

ススキの野原もすっかり雪景色!

img_1207

カヤネズミの巣も崩れかかっています。この時期は地面の枯草に潜って暮らしているそうです。

img_1241

湿性花園も墨絵のよう。

img_1286

コブシの蕾にも綿帽子

img_1257

12本の柱を建てていきます。

img_1260

頂点を紐でしっかり固定していきます。

img_1262

輪っかで屋根を補強します。

img_1267

今回はここまで。続きは、12月18日のわくわく自然塾と花野再生塾の合同の会員活動で組み立てていきます。花野再生塾は定員に空きがありますので、ぜひ、ご参加ください(参加費200円)。

img_1283

雪景色の自然共生園も静寂な美しさが愉しめます。18日の活動でお会いしましょう!!!

 

2016年12月12日

みちのく自然共生園:収穫体験のお知らせ

みちのく公園北地区 自然共生園で行っております、

ハクサイの収穫体験は好評につき終了となりました。

 

畑には、結球していないハクサイが約30個ありますが、

味はもちろんハクサイの味がしますので、それでも良ければ

是非収穫体験へお越しください。

 

ダイコンの収穫体験は、まだまだできますので(^○^)

みなさまのお越しをおまちしております。

 

 

2016年11月16日

里山地区:紅葉が見頃です

雪の便りが聞かれるようになってきましたね。

里山地区から見える蔵王の山にも雪が少し見えています。

さて、里山地区はというと一週間ほど前からカエデ類が一斉に紅葉を始めました。

今がちょうど見頃でしょうか。

img_2626

img_2604

img_2616

山を散策するのも気持ちの良い季節です。

皆様のご来園、お待ちしております。

 

2016年11月14日

みちのく自然共生園 収穫体験のお知らせ

みちのく公園北地区 自然共生園の

イベント「新鮮お野菜の収穫体験」は、

いよいよ、11月12日 から

「ハクサイ」・「ダイコン」の収穫がはじまります!!

cimg0555

cimg0556

cimg0562

cimg0564

◆ハクサイ・・・1個 100円

◆ダイコン・・・1本 100円

皆様のお越しをお待ちしております。

※お野菜の数に限りがありますので、収穫野菜が無くなりしだ        い、終了とさせていただきます。

※無料で行っておりました「食用菊」の収穫は、昨日をもちまして終了いたしました。

 

2016年11月5日

里山地区:里山の秋まつり 事前予約締切

先日ご案内いたしました11月19日(土)に開催予定の「里山の秋まつり」ですが、

事前予約が20名に達しました。事前予約は締切とさせていただきます。

大変申し訳ございません。

事前予約とは別に、当日は先着で10名の方のみ受付をいたします。

参加を希望される方は、里山地区の小野分校へ直接おいでください。

2016年11月3日

里山地区:「子どもと楽しむ小さな自然かんさつ」

里山地区では、一部紅葉が始まり、カエデがきれいに赤くなっている場所があります。

さて、今月の6日(日)、20日(日)、23日(水、祝)の10:30~12:00に

「子どもと楽しむ小さな自然かんさつ」というイベントを行います。

対象は小学生以上で、小学生未満は保護者同伴となります。

現在、15歳以上対象の「森の観察会」が毎月第2土曜日に行われています。

「森の観察会」よりも初歩的な内容で、自然に親しみながら、楽しく、時には学びながら里山を散策していく予定です。

定員は15名で、当日先着順となります。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

img_2516

cimg9434

 

 

2016年10月31日

里山地区:里山の秋まつり ご案内

11月19日(土)に里山地区では、「里山の秋まつり」を開催いたします。

内容は、

「森のピザづくり」

「焼き杉のプレートづくり」

「焼き芋」

「お花炭」

「どんぐりの苗の植え付け」などを行う予定です。

定員は30名です。(事前予約20名、当日受付10名)

参加費はお一人500円となっており、上記のイベントをすべて体験することができます。

現在、予約を承っております。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

img_2537

 

2016年10月25日

みちのく自然共生園 収穫体験のお知らせ

みちのく公園北地区 自然共生園で行われております

新鮮お野菜の収穫体験は、

「サトイモ」の収穫が本日をもちまして終了となりました。

サツマイモも先日終了となっております。

ただいま 食用菊(モッテノホカ)が無料で収穫できます。

s-img_2293

 

11月上旬からはハクサイとダイコンが収穫できる予定です。
今年は若干育ちが遅いかもしれません。

太くなるのを待つダイコンです。先週土寄せ作業をしました。

s-img_2295

 

結球を待つハクサイです。宮城県伝統の仙台白菜!

s-img_2294

 

ダイコン、ハクサイとも1個100円で行う予定です。

生長するまでもうしばらくお待ちください。

2016年10月22日

みちのく自然共生園 花情報✿

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では

秋の花々が開花しています。

 

コナラ林のオヤマボクチ

s-1017%e3%82%aa%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%9c%e3%82%af%e3%83%81-8

 

展望野草園のノコンギク

s-1017%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%82%af-1

 

リンドウ

s-1007%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6-3

 

アワコガネギク

s-1020%e3%82%a2%e3%83%af%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%8d%e3%82%ae%e3%82%af-1

 

放牧地ではススキが風に揺れています

s-0910%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%82%ad

是非、自然共生園に秋を感じにいらしてください。

2016年10月21日

みちのく自然共生園 収穫体験のお知らせ

みちのく公園北地区 自然共生園で行われております

新鮮お野菜の収穫体験は、

「サツマイモ」の収穫が昨日をもちまして終了となりました。

ただいま「サトイモ」の収穫のみです。

(1株300円)残株数:約15株

※食用菊(モッテノホカ):無料でできます。

cimg0254

皆様のお越しをお待ちしております。

2016年10月17日

里山地区:見頃の花は・・・

秋への移り変わりを感じるようになった里山地区。
だいぶ涼しくなりましたが、今週の天気予報では雨は降らず、散策にはちょうど良い時期ではないでしょうか。

ナギナタコウジュ

img_2342-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

センダイトウヒレン

img_2426-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

キバナアキギリ

img_2436-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ノコンギク

img_2308

アキノキリンソウ

img_2236

リンドウ

img_2372-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

カモシカの子どもにも会えるかもしれません

cimg9196facebook

草木の実も目立つようになってきました。

秋の気配を森の中で感じてみてはいかがでしょうか。

皆様のご来園、お待ちしております。

 

2016年10月11日

みちのく自然共生園 秋の風景2

みちのく公園北地区 自然共生園では

秋を彩る草花が野原いっぱい咲き誇っています。

「リンドウ」

s-%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

 

「ノコンギク」

s-0919%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%82%af-4

 

「イヌセンブリ」

s-%e3%82%a4%e3%83%8c%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%aa

 

「オヤマボクチ」

s-%e3%82%aa%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%9c%e3%82%af%e3%83%81

 

「ゴマナ」

s-1002%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%8a-2

野原に吹く風が少し涼しく肌寒く感じるようになって来ましたが、

是非、自然共生園の野原で秋の草花を満喫ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

2016年10月11日

みちのく自然共生園 秋の風景

みちのく公園北地区 みちのく自然共生園では
10月1日に稲刈りを行いました。

s-img_1912

 

今の水田はまさに秋!

稲をはさ掛けしている風景です。

s-img_2079

 

展望野草園では秋を代表する花 リンドウが開花しました。

s-img_2044

 

湿生花園では希少種のイヌセンブリも開花しています。

s-img_2047

秋を感じに、自然共生園へ足をお運びください。

2016年10月2日

表札作り

里山地区では、先月の年間会員活動である「森の楽校」、そして9月17日のイベント「表札を作ろう」で、参加者の皆さんにそれぞれ表札の作成をしてもらいました。

まずは、好みの大きさに板を切ります。

cimg8461

次に、切った板を焼きます。

cimg8465

焼き終わったら、炭になった表面を金たわしできれいにします。

DSC_2647

その後タオルできれいに板をふき、いよいよ字を書いたり、飾りを付けたりします。

DSC_2662

cimg8902

手形をつける子もいましたよ。

cimg8900

完成です!!

cimg8908

 

cimg8497

cimg8509

 

DSC_2680

 

 

木を切り、板を焼く作業から行います。

大変かもしれませんが、達成感を感じることができると思います。

10月1日(土)も10:30から行います。

当日、先着10組までの受付となっていますので、ぜひご参加ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

2016年9月29日