みちのく民話がたり

東北の民家を移築したふるさと村の「遠野の家」で、語り手による遠野地方の民話や東北地方の昔話を囲炉裏を囲みながら聞いていただけます。お子さんはもちろん、大人の方も、みちのくの文化や生活に是非ふれてみてください。
対象/子供から大人まで誰でも可

釜房ろばたの会

ふるさと村にある川崎町の古民家「釜房の家」で、川崎町に昔から住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんから、川崎町の生活や暮らしの知恵を学ぶことができます。
季節ごとの楽しい体験イベントも行っています(柏餅作り体験等)。
対象/子供から大人まで誰でも可

みちのく古民家ガイド

東北6県の代表的な古民家についてふるさと村案内人が、誰にでもわかりやすくご案内します。また、1周ガイドツアーも実施しています。
対象/子供から大人まで誰でも可

昔遊び体験

コマ回しや羽つき、剣玉、お手玉などいろいろな昔懐かしい遊びを楽しむことができます。
対象/子供から大人まで誰でも可

自然を感じ楽しむ会

季節毎に合った観察会や、自然の素材を使ったクラフトなど、小さなお子さま連れのご家族から大人の方まで十分に楽しんでいただけます。

手づくり倶楽部

手づくり倶楽部では、毎月いろいろな素材を使って、親子で楽しめるクラフトを作っていただきます。
手作り倶楽部のイメージ写真
【常時行っている体験メニューはこちら

4月 ミニこいのぼり作り

こいのぼりちよ紙で鯉のぼりを折り、竹ひごに取り付けて飾ります。
【時 間】10:00〜16:30(※受付15:00まで)
【参 加 費】100円
【定  員】20名
【所要時間】40分

5月・6月 プラ板キーホルダー作り

プラ板キーホルダープラ板に油性ペンで絵を描き、オーブンで焼いてオリジナルキーホルダーを作ります。
【時 間】10:00〜16:30(※受付15:00まで)
【参 加 費】100円
【定 員】30名
【所要時間】30分

7月・8月 コウゾのランプシェード

コウゾのランプシェードコウゾの木を使ってランプシェードを作ります。
【時間】10:00〜16:30(※受付15:00まで)
【参加費】100円
【定員】20名
【所要時間】50分

9月・10月 コウゾのフォトフレーム

コウゾのフォトフレームコウゾの木を使って写真立てを作ります。
【時間】10:00〜17:30(※受付16:00まで)
【参加費】100円
【定員】20名
【所要時間】30分

11月~12月25日まで まつぼっくりツリー&雪だるま作り

公園で取れたマツボックリで、クリスマスツリーを作ります。
【時 間】10:00〜15:30(※受付14:00まで)
【参 加 費】100円
【定 員】30名
【所要時間】30分

12月26日~1月 まゆ玉の干支作り

公園で採取したまゆ玉を使い、新年の干支を作ります。
【時 間】10:00〜15:30(※受付14:00まで)
【参 加 費】100円
【定 員】20名
【所要時間】50分

2月 おひな様作り

お雛様つくり

かわいいお雛様とお内裏様を作ります。

【時 間】10:00〜15:30(※受付14:00まで)
【参 加 費】200円
【定 員】20名
【所要時間】40分

3月 モビール作り

ヒツジの毛で作るモビールインテリアにもなるモビールを作ります。
【時 間】10:00〜16:30(※受付15:00まで)
【参 加 費】100円
【定 員】30名
【所要時間】30分

 

※体験メニューは予告なく変更となる場合があります。

インラインスケート教室

インストラクターから「転び方・起き上がり方・滑り方」基本を教えてもらい、楽しく滑れるようになる教室です。

宮城ディスクゴルフマンスリー大会

ディスクゴルフ利用者のレベルアップとディスクゴルフコースの利用機会の拡大を目指し、一般参加者を対象とした大会を開催します。


ディスクゴルフ利用者のレベルアップとディスクゴルフコースの利用機会の拡大を目指し、一般参加者を対象とした大会を開催します。

開催日 4〜11月の毎月第2または第4土曜日
2018年4月14日(土)、5月26日(土)、6月23日(土)、9月22日(土)、10月27日(土)、11月24日(土)(計6回)
(7月はみちのく公園カップ開催のためお休みとなります)
場所 4月〜11月:みちのく公園北地区 風の草原 ディスクゴルフ特設コース(18H)【受付・本部】風の草原案内所横
主催 みちのく公園管理センター
協力 みちのく公園ディスクゴルフボランティア、宮城県ディスクゴルフ協会
開催部門・定員 【チャレンジ部門】初心者&初級者向け
【オープン部門】愛好者&競技者向け
募集定員は全部門合計で40名程度とします。
競技内容 【チャレンジ部門】18H 1ラウンド 合計18ホールのストロークプレー
【オープン部門】18H 2ラウンド 合計36ホールのストロークプレー
※4月〜11月:風の草原 特設コース(18H)
参加費 【チャレンジ部門】無料
【オープン部門】500円/1人
※大会当日に受付にて徴収します。
※公園入場料、駐車場料金は別途必要となります。
参加資格 小学校3年生以上で、ディスクゴルフのプレー経験があり、ルール、マナー、スコアカードの記入方法を理解している方。
申込み方法 当日受付で申し込みます。
使用ディスク ディスクゴルフ競技用モデル規定とする。
表彰 各部門の成績上位者を表彰します。毎月の大会で順位に応じたポイントを付与し、年間で上位者を表彰します。
安全管理 一般入園者や参加者の安全を確保するため、コース上の必要な個所に安全保安員を配置して行います。また、参加者の自主的な安全管理として、前方の安全を確認してからプレーすることを徹底します。
その他 雨天決行(注意報、警報等発令時は中止の場合があります)
※当日朝7時に実施の有無を決定します。
タイムスケジュール 9:30 受付開始
9:45 開会式、プレーヤーズミーティング
10:00 第1ラウンドスタート(チャレンジ・オープン部門 18H 常設2ラウンド)
12:00 第1ラウンド終了
12:00〜13:00 お昼休み チャレンジ部門表彰
13:00 第2ラウンドスタート(オープン部門 18H 特設1H〜18H)
15:00 第2ラウンド終了
15:30 閉会式ならびにオープン部門表彰
問い合わせ みちのく公園管理センター Tel.0224-84-5991(担当:松本)

わくわく自然塾~きつねの行列 やるよ!~

この秋、キツネが出る自然共生園の花野を舞台に『キツネの行列』を行います。茅やススキの穂を身に着けてキツネに化け、すみかの野原を守る仲間が集まったと共生園のキツネを喜ばせましょう!

みちのく花野再生塾

自然共生園の花や生き物を観察しながら、サクラソウ等の野草の
保全活動や、野草の受粉を担うマルハナバチが殖えるよう、
花野の再生活動を行います。

ふるさと農園塾

年間を通して、田んぼや畑で昔ながらの農作業を体験する活動です。
収穫の時期には無農薬で育てた野菜をお持ち帰りできますよ!
みんなの農園でおいしいお米や野菜を作ろう!

そば打ち体験(自然共生園)

自然共生園で収穫したそばを使ったそば打ちを学べます。
自然共生園そば打ち体験のイメージ写真
場所自然共生園 知恵体験舎
開催日月1回(最終土曜日)
参加費一組1,500円
定員事前申込先着4組
(1組4人まで)
備考食品衛生観点から持ち帰り不可

6月の開催予定 30日(土)
7月の開催予定 28日(土)
9月の開催予定 22日(土)
10月の開催予定 27日(土)
11月の開催予定 24日(土)
1月の開催予定 26日(土)
2月の開催予定 23日(土)
3月の開催予定 23日(土)

森の観察会

里山地区をフィールドとし、季節で変わる豊かな環境を、月に一度、実際に里山を歩きながら学びます。

里山冒険遊び

里山の木を使った遊び場です。※現在ブランコ、ツリーハウスはご利用を休止しております。

森の楽校

里山地区をフィールドとし、親子を対象とした様々な里山作業を行い、お客様に楽しんでいただくとともに、里山管理の知識をご提供します。

お花畑

蔵王連峰をバックに初夏にはポピー、夏から秋にはコスモスが見られます。

夏に咲く花

お花畑22,000㎡に130万本のポピーが咲き乱れます。

お花畑夏の写真

秋に咲く花

秋の風物詩コスモスがお花畑一面を覆いつくします。

お花畑秋の写真

時のひろば

時のひろば写真

彩のひろば

彩のひろば大花壇写真

春に咲く花

チューリップ・ビオラ・パンジーなどが楽しめます。

彩のひろば春の写真

夏に咲く花

サルビア・マリーゴールドなどが楽しめます。

彩のひろば夏の写真

彩のやかた売店

彩のやかた売店では、たこ焼きやホットケーキ、カレーライス等が食べられます。
詳細情報はこちら


※12月1日(月)〜2月28日(土)まで冬期休業となります。予めご了承下さい。

わらすこひろば

せせらぎ水路写真

わらすこひろばの遊具

ちびっこドーム

たくさんのボールがはいったボールプール。子供たちに大人気の遊び場です。

ボールプール写真

湖畔のひろば

インラインスケート写真

春に咲く花

ふるさと村

ふるさと村おまつりひろばの写真
東北6県の特徴ある歴史、風土、伝統、文化を紹介する古民家が大集合!
ふるさと村は、風土と歴史に培われた、みちのくの暮らしの文化を伝える古い茅葺の民家を移築したエリアです。
それぞれの民家では、映像や模型、展示物を使ってくらしの知恵を楽しく、見やすく、わかりやすく紹介しています。古民家や田畑を利用して体験学習もできます。

ふるさと村
長屋門

 

日本民家再生協会 http://www.minka.or.jp/
全国文化財集落施設協議会 http://tatemonoen.jp/shuraku/


7つの古民家の紹介

津軽の家(青森県)

津軽の家外観写真

豪雪地帯の青森ならではの急勾配が特徴。積雪期の出入の便のため、土間正面入口に大型の妻入り庇があります。

津軽の家 詳細はこちら

遠野の家(岩手県)

遠野の家外観写真

「南部曲り屋」と呼ばれる建物で、同じ屋根の下で馬といっしょに暮らしていました。

遠野の家 詳細はこちら

本荘由利の家(秋田県)

本荘由利の家外観写真

両中門造りという家のかたちで、特徴は主屋の両側の端から二つの出入り口を突き出していることです。

本荘由利の家 詳細はこちら

鳴瀬川河畔の家(宮城県)

鳴瀬川河畔の家外観写真

大規模な養蚕家屋。洪水の時には家具や食料をすぐ2階にあげられるよう床板が一部取外せるようになっています。

鳴瀬川河畔の家 詳細はこちら

月山山麓の家(山形県)

月山山麓の家外観写真

東北地方には数少ない妻入り民家。屋根には屋根裏の養蚕にとって大切な光や風を入れる窓があります。

月山山麓の家 詳細はこちら

南会津の家(福島県)

南会津の家外観写真

曲り棟の先端と主棟との入り隅部の2ヶ所に出入口があるのが特徴。曲り棟には馬屋と通り土間があります。

南会津の家 詳細はこちら

釜房の家(宮城県)

釜房の家外観写真

馬屋は母屋の外に別棟として設け、雪の少ない太平洋岸東北地方南部の特色を表しています。

釜房の家 詳細はこちら

資料

ふるさと村の古民家の構造や特色について、さらに詳しく掲載された資料です。
ふるさと村の詳細資料PDFファイルの表紙画像
ふるさと村の詳細資料はこちら

古民家のまわり

湯田河の松

湯田河の松(宮城県)

釜房の家の前にあるこの松は、釜房ダム建設によって水没した湯田河温泉にあったものです。
樹齢六百年と言われ、鶴が羽を広げているようにも見えることから、「鶴の松」と呼ばれ、川崎町の皆さんに親しまれてきました。
 

だんだん畑写真

だんだん畑

公園のゲートから「ふるさと村」のアプローチ園路にはだんだん畑が広がっていて、 春から秋にかけて、色とりどりの花や実を楽しむことができます。あぜ道を通って下の方まで散策できます。可憐で、どこかなつかしい野の花が風にゆれています。

水車小屋写真

水車小屋

実際に動いている水車小屋を見たことがありますか?水車は水の力で、石臼を回したり、杵をついて粉をひく道具です。「ふるさと村」の水車は小屋の中も覗けるので、昔の人が考えた仕掛けをじっくりと観察してください。(冬期休止)

炭焼き小屋写真

炭焼き小屋

「月山山麓の家」の裏手に炭焼き小屋があります。ここでは公園の中の大きくなりすぎた木などを材料にして、実際に炭を焼いています。できあがった炭は、「ふるさと村」」の民家の囲炉裏で利用しています。運が良ければ、窯入れや窯出しを見ることができます。

手押しポンプ写真

手押しポンプ

「津軽の家」の横にあります。ガッチャン、ガッチャンとポンプを押して水を汲んでみて下さい。 お父さんが子供の頃に使っていたかもしれません。きれいな地下水ですが、飲み水ではありません。

円筒分水(えんとうぶんすい)写真

円筒分水(えんとうぶんすい)

水田の水争いを避けるため、公平に水を分けるために造られたものです。水をサイホン機能で吹き出して水の出口の方向と広さを調節して、下流に流す水の量を調整するものです。この円筒分水は、岩手県胆沢平野(いわてけんいさわへいや)に現存するものの1/2のミニュチュアです。ここでは池と田んぼに分水しています。「月山山麓の家」の前にあります。

つかいど写真

つかいど

今のように水道がなかった時代には、家の前の流れや井戸を生活用水として使っていました。流れの堀割りに、石組みなどで造られた階段と洗い場を、宮城県の一部では「つかいど」と呼んでいます。「ふるさと村トイレ」の向かいにあります。

竹馬写真

竹馬

おまつりひろばに竹馬がおいてあるので、みんなでチャレンジしょう。一番がんばるのはお父さんかな?混み合っているときには、隣の人に気を付けてください。

フォトギャラリー

ふるさと村に咲く花

花の数は少なく、派手さはありませんが、よく観察すると色々な花を発見できます。

春に咲く花

ふるさと村春の写真

夏に咲く花

秋に咲く花

ふるさと村秋の写真

水のひろば(やすらぎの池)

やすらぎの池写真

やすらぎの池

6,700㎡の大きな池の中には500株ほどのスイレンが植えてあり、美しく幾何学的な形をした花が水中から立ち上がって咲くさまは、とても神秘的です。色も赤、白、ピンク、黄色とさまざまで、目を楽しませてくれます。水辺の広い芝生でくつろげる場所です。

やすらぎの池に咲く花

春に咲く花

チューリップなど30,000球を植栽しています。

水のひろば春の写真

夏に咲く花

サルビア・マリーゴールドなど6,000株を植栽しています。

水のひろば夏の写真

水のひろば

植物と昆虫が大好きな人集まれ!ひょうたん池を中心とする水のひろばは、水辺の自然をじっくり観察できる「自然観察の小径(こみち)」やビオトープ実験エリアになっている木道(もくどう)を含むゾーン。
一周すれば自然科学博士になれるかもしれません。