津軽の家

津軽の家外観写真
この住居のあった弘前市は、津軽平野の南端付近にあって、冬季には偏西風と混じって雪が横なぐりに吹き付ける厳しい気候の土地で、また豪雪地帯でもあります。
この家は、馬屋を土間のすみに設けたまっすぐな平面形になっています。
また、土間正面の前に「しらし」と呼ばれる大型の出屁を設けて出入り口としています。この名前は庇(ひさし)のなまりのようです。
座敷側の出入り口「げんかん」から入ると、「じょい(常居)」があり、その奥に「ざしき(座敷)」があります。きれいな襖絵はむかしから使っていたものです。

展示テーマ まつり

データ

元の所在地 青森県弘前市大字種市(あおもりけんひろさきしおおあざたねいち)
建築年代 19世紀半ば過ぎ
規模 179㎡(54坪)
形式 内馬屋式直屋(うちうまやしきすごや)
寄贈者 奈良哲夫(ならてつお)さん
復元工事 平成12年